ワキの毛を抜くとワキガのニオイが強くなる?

 

ワキガの臭いは自分ではなかなか気づくことが出来ません。
そのために、自分でワキガの可能性があると感じられている方は、日頃からワキガのニオイの対策をしていく必要があります。

 

ワキガが強くなる一つの理由が脇毛です。
大量の汗は蒸発すれば臭いは抑えられるのですが、脇毛があることで汗が保持され、雑菌が繁殖してしまいます。
さらに、脇毛に雑菌がたまったままになり、臭いがきつくなるのです。
そこで、脇毛を処理すればある程度ワキガを抑えることができます。

 

脇毛の処理方法はいくつかありますが、もっともやってはいけない処理方法は、毛を抜いてしまうということです。
毛を抜くときには痛みが走ります。
この刺激がアポクリン腺の働きを活性化させます。
アポクリン腺には強い臭いのもとが含まれているため、毛を抜くことでワキガを悪化させてしまうのです。
さらに、毛根からごっそり毛を抜いてしまうので、毛穴が目立ち、黒ずみの原因にもなってしまいます。

 

では、ベストな脱毛方法はというと、それは剃毛です。
皮膚の表面の毛を剃ることで、アポクリン腺への刺激を最低限に抑えることができます。

 

普通のカミソリでも良いですが、脇専用のカミソリを使うと良いでしょう。
剃りやすくするため、蒸しタオルなどで毛を軟らかくして、毛の流れに沿って丁寧に優しく剃りましょう。
同じ場所を何度も剃ると肌を傷つけてしまうので、1〜2回ほどにとどめましょう。
剃った後は、保湿クリームなどでケアをすると良いですよ^^

 

 

 

彼氏彼女ワキガ対策トップページ>>