ワキガは子供に遺伝してしまうのか?

 

ワキガ体質というのは遺伝するのでしょうか。
実はワキガや腋臭というのは、子供にも遺伝します。
わきがについての研究結果はさまざまですが、例えば父親もしくは母親がワキガであればおよそ50%の割合で、また父親と母親が共にワキガであればおよそ80%の割合で遺伝するという研究結果があります。
このように実際の数字をみると、とても高い確率で子供にも引き継がれていくことが分かります。

 

それでは、子どもがわきがと判断するのはいつ頃になるのでしょうか。
わきがの臭いの原因になっているアポクリン汗腺は、子供から大人の体に成長していく頃にさかんになっていきます。
だいたい9〜13歳の頃になります。
これからみると、わきが発生するのは「思春期」ということになります。

 

わきがそのものが子供に引き継がれるのは事実ですので、どうしようもありません。
しかし両親、またはその一方がわきがで悩んでいた時期かあると思います、
子どもにしてみたら、すぐ傍に同悩みを持っている人がいることになります。
わきがについての知識やケアについては、早目に身につけておく必要があります。
また最近はわきがの低年齢化も進んでいます。現在の子どもは発育の成長も著しいので、仕方がないことでもあります。
しかしわきがは深刻な問題に発展する場合もあります。
そのため子供のためにも、正しいワキガケア方法を身につけておくことが大切ですね。

 

彼氏彼女ワキガ対策トップページ>>