汗ジミをさらさらに抑える方法!

 

暑い季節になると、大量の汗がでてきます。
また汗の量によっては、汗ジミにも注意する必要があります。
汗ジミが発生する原因は、大量にでた汗が蒸発することなく、肌にベタベタと残ったままの状態が続くからです。
汗はもともとは臭いもなく、また水分ですのでさらさらとしていて、すぐに蒸発して消えてしまいます。
ベタベタとして残ってしまった汗を、さらさらのものにするにどうすればいいのでしょうか。

 

汗じみをさらさらのものにするには、汗腺のトレーニングをお勧めします。
汗を分泌してくれる汗腺の機能が低下してくると、肌にも悪い汗がでてきます。
この働きを正常化していくには、機能が低下しやすいからだの汗腺を鍛えればいいのです。
例えば入浴のとき、高温とぬるま湯につかるのを継続する方法もあります。
この入浴法を3週間程度続けると、効果もでてきます。
さらに、お風呂にミョウバンを入れてみると汗の質が変わってきます。

 

またその他にも、「サラノンMX」がお勧めです。
ワキの下に発症する汗ジミは、季節には関係なくでてきます。
そのような汗やくすみをカバーしてくれるのが、シリコンコートクリームのサラノンMXなのです。
サラノンMXを使用することで、ベタベタ汗やニオイを完全にシャットアウトしてくれます。
また直塗りタイプのデオドラントですので、誰でも簡単に使えます。
クリームを塗ることで、ワキパッドもいらなくなります。
そして毛穴の凹凸も隠してくれるますので、ベタつかないキレイなお肌に変わっていきます。
これで汗ジミも解消されます。

 

 

 

彼氏彼女ワキガ対策トップページ>>